仕事

将来なくなる職業ランキングと理由を徹底解説 人生100年時代戦略 

近年の技術革新は脅威的な速さで進んでおり、その種類はロボティックスやAI、5G(第五世代通信規格のこと)など多種多様です。

例えば、ユニクロで服を買った時の支払いについても、セルフレジに取って代わっており、より気軽でしかもスピーディな購入ができるようになりました。最初はこのような販売の自動化になれず、利用する側も、運用される側もあたふたしてしまう可能性も残りますが、使い慣れてくれば、より便利になったことを痛感するでことしょう。

ここでは、AIや次世代型ロボットなどの新しい技術によって今後10~20年程度で大きく社会構造が変わるたことにより、将来無くなると考えれられている職業についてご紹介します。

将来なくなる職業ランキング


将来なくなると考えられている職業を、ランキング形式で紹介します。

 

第10位:タクシー、バスの運転手

 

将来なくなる職業第10位はタクシー、バスの運転手です。
自動車の運転自体が5G(第五世代通信規格のこと)などの次世代インフラのあり方が変化すると考えらています。
そのため、10年後、20年後を考えると、おそらくドライバーが運転することが珍しい状態になりえます。

現在をみただけでも、すでにタクシーの支払いについては、電子化が進んでおり、クレジットカードだけでなく、PAYPAYなどが利用できるため、ほとんど自動的に進められます。自動運転技術が確立されれば、タクシー運転手の仕事量は大幅に減ることはまず間違いないでしょう。

このような状態でも、運転手が残る理由を考えようとするならば、例えば高齢者による利用が考えれます。ご高齢の方はこのような自動化されたものを利用するのが苦手な方もおられます。
そういった意味で、タクシーの運転手に対しては一部残存することも予想されます。

 

第9位:事務系作業

 

将来なくなる職業第9位は事務系作業です。
事務系作業とは、いわば”決まりきった業務”とも言い換えられ、人により差がないことを示します。
AをBに入力し直すことや、Cにある情報から必要な情報を抜き取りDに入力するなどが事務系作業の代表例としてあります。
差がないことからある程度予測がしやすく、人工知能をもったAIやロボットに置き換えやすいのです。

ここで、事務系作業に置き換えられない仕事の一例を見てみましょう。

住宅を購入したい夫婦がいて、あなたはそのプランナーだとします。
あなたは住む人の家族構成や年齢、趣味、将来設計などを考えながらあらゆるプランを考えていきます。

  • お年寄りもいるから、段差がない方が良いのではないか。
  • 小さなお子さんを安心して育てられるよう、目の届きやすい空間づくり、とがった硬いものがない部屋を作ろう。
  • アウトドアが好きだから、玄関から歩いては入れる収納部屋があったら便利だな。

こうしたことは想像力豊かな人間のなせる技術であり、プランニングする人の導き出す提案が人によってさまざまで、事務系の特徴である決まりきった業務にあてはまりません。

事務作業の場合はRPA(Robotic Process Automation)と呼ばれる技術で自動化が進むと考えれています。

RPAとは人が手作業で行っている作業をプログラミングをせずに自動化できるように設計したソフトのことです。
プログラミング言語を利用せずに専用のツールを利用することで、プログラミングの知識がなくても、作業をコンピュータに教え込むことができます。

以前はプログラミングやエクセルのマクロ機能に頼っていた事務作業の自動化も、RPAを利用することにより、より身近に、より確かに進むと考えられます。

 

第8位:機械の組み立て・修理工

 

将来なくなる職業第8位は機械組み立て・修理工です。
これはロボティクスIoT技術を工場にとり入れることで、人間が行う仕事が大きく減ると考えれているからです。

IoTによって様々なデバイスがインターネットに接続されることにより、工場内、あるいは他の工場に設置されている産業用ロボットが互いに情報通信を実行できるようになります。

つまりロボットとロボットの間でコミュニケーションを取ることが出来るため、人間が行っていたデータ入力という作業が省ける分、工場の自動化が進むことが考えれます。

さらに、工場内作業には、有害な物質を扱わなければならない工程もあるので、そういった分部がロボットやIoT技術によって自動化されることは、作業員の負担を軽減できる一つ利点でもあります。

 

第7位:レジ係

 

将来なくなる職業第7位はレジ係です。
これはすでに実施しているスーパーやコンビニが多くあります。まだ完全な自動化までは進んでいませんが、レジ係のみを行う人員はこれからさらに減っていくことは間違いないでしょう。

コンビニ大手のローソンでは、試験的にではありますが、手ぶらで買い物できる店舗を持っています。
このシステムでの支払いはクレジットカードよるものなのですが、その利用方法が斬新です。

まず、事前にアプリをダウンロードしておき、そのアプリにクレジットカード情報や指紋、手のひらといった個人情報を登録しておきます。

実際に買い物を行う時には、店舗の入り口で手のひらを専用の装置にかざします。その後店内に入ることがき、買い物を始めることができます。

店舗内には、商品の重さを測定するセンサーや、カメラが設置されており、重さやカメラからの情報の変化で誰が何を購入したかをチェックできる仕組みになっています。買い物が終わった後、店舗をでるだけで、自動的にクレジットカード決済が終わるように設計されています。

このような次世代型支払システムがコンビニやスーパーの広まれば、レジ係も必要となくなるうえに、レジ自体が必要なくなることが考えれらます。

 

第6位:チケットのもぎり

 

将来なくなる職業第6位はチケットのもぎりです。
映画館や音楽フェス、その他のエンターテイメントイベントでは今のところ必要性があるので残っていまが、将来的にはなくなるでしょう。

例えば、電車の改札口では、駅への入場がすでに自動化されています。

駅改札口にあるような装置が今後映画館や音楽フェスの会場に設置され、入場を管理できるようになる可能性があります。

 

第5位:総合案内、受付

 

将来なくなる職業第5位は総合案内、受付です。
この職業はすでに半自動化が進んでいます。

例えば、回転寿司大手のくら寿司や、一部の銀行では、ソフトバンクが開発販売しているペッパー君が活躍しております。

入店したお客様に整理券を発行したり、簡単な要件であれば、ペッパー君に設置してあるディスプレイを通してコミュニケーションを図ることができ、用件を済ませることができます。

ペッパー君と似たような人間との対話を肝としたコミュニケーション型のロボットは今後も開発が進むことでしょう。

 

第4位:集金人

 

将来なくなる職業第4位は集金人です。
現在でも集金という言葉を聞くことが少ないですが、今後支払が電子マネーを主としたシステムへシフトすることを考えると、新聞やNHKの集金人は仕事がなくなることでしょう。

すでに銀行引き落としや、クレジットカード決済などによって、ほとんど集金人の仕事は無くなっています。

今後も残る可能性があるとすれば、支払いをちゃんと行ってくれないユーザーに対し、支払を促すために、当事者の自宅まで伺うことが主な仕事になることでしょう。
NHKの集金人が未だに残存しているのは、ユーザーからの支払いが滞っていることが原因としてあげられます。

このような滞納があるユーザーがなくなれば、集金人という仕事もほぼゼロになることが予想されます。

 

第3位:金融審査の担当

 

将来なくなる職業第3位は金融審査の担当です。
金融審査つまり、会社や個人への融資を行うかどうかを判断する仕事が今後劇的に自動化されることでしょう。

フィンテック(金融とICTが融合した技術)RPA(Robotic Process Automation)OCR(Optical Character Recognition/Reader )と呼ばれる技術で自動化が進むと考えれています。

ICTとはInformation and Communication Technology(情報通信技術)のことで、ITによる情報通信を指します。いわゆるITと同義です。

RPAとは人が手作業で行っている作業をプログラミングをせずに自動化できるように設計したソフトのことです。
詳しくは第9位:事務系作業をご覧ください。

OCRとは手書きあるいは印刷物のイメージからテキスト文字に変換することができる技術のことです。

ICTなどを活用したシステムやサービスが普及することで、社会インフラとして新たなイノベーションを生むことが期待されています。

例えば、インターネットを介して離れた箇所にいる高齢者に不測の事態が起きていないかを確認するサービスや、小中学校の全生徒にタブレットを配布し授業を行うなどの活用があります。

RPAOCRが組み合わさる例として申込書の記入などがあります。

今まで必要だった申し込みの記入が省け、既存の免許証や住民票などから直接必要な情報をコンピュータ内にテキストとして入力できます。また、申し込み後の融資決定に当たっては、RPAによる自動審査が可能になり、ほぼ自動化できると考えられます。

手続きの最終段階では、多少人間による審査が残るかもしれませんが、その他は自動化されていくことでしょう。

 

第2位:銀行窓口担当

 

将来なくなる職業第2位は銀行窓口業務です。
先に説明したとり、金融業界は今後RPA(Robotic Process Automation)OCR(Optical Character Recognition/Reader )技術フィンテック(金融とICTが融合した技術)により、大部分が自動化される可能性があります。

RPAとOCRについては金融審査の担当をご覧ください。

これに加え、今後キャッシュレス化が進むことも考えれます。

日本ではキャッシュレス決済の比率は約20%にとどまっており、主要先進各国(アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリアなど)は40~60%と、日本と比較すると大きな差があります。

日本政府としても、このようなキャッシュレス化の波に便乗することを画策しており、銀行を含む金融業自体が大幅に自動化されることは間違いないでしょう。

これらの理由により、銀行において必要不可欠であった業務が大きく自動化されると考えられます。現在でも口座からの入出金はスマホやパソコンで管理できます。

このような背景を加味しても、なお銀行窓口業務が残るとするのならば、それは高齢者の方をサポートするため、旧来の窓口担当による口座からの入出金がありえます。しかし、それさえも、人口の世代交代が進めば、必要性がなくなるでしょう。

 

第1位:スポーツの審査

 

将来なくなる職業第1位はスポーツ審査です。
これは映像判定技術が進む結果、審判のオートメーション化が進むということです。

例えば、バレーボールやサッカーではすでに映像判定により、誤審を防ぐ取り組みいが始まています。バレーボールでは、Hawk-Eye-Innovations Inc(以下、ホークアイ。本社:英国)のチャレンジシステムを導入しています。

このシステムはバレーボールコートの周辺に計12台のカメラを設置し、エンドライン及びサイドラインのボールのイン・アウト、ブロックタッチ、ネット上部にあるアンテナへの接触などをチェックできるシステムです。

また、このシステムは、ボールの位置や軌道から、ボールの動きをコンピュータグラフィクスとして再現することが可能で、バレーボールのみならず、多くの球技大会で利用されています。

この技術の何がすごいかと言えば、試合中でも瞬時にボールの軌道を計算し、エンドラインやサイドラインのイン・アウト判定が可能であることです。

このようなコンピュータを利用した判定は今後も推進されると思われます。

コンピュータでの判定範囲が広くなるほどに、現在いる審判者の役割は少なくなっていき、最終的には便宜上試合会場にいるだけとなり得ます。

 

将来的にも残存する職業について


ここまでご紹介したとおり、ロボティクスRPAなどの技術開発が進むことで、多くの仕事が無くなるか、ほとんど必要なくなる状態になってしまいます。

しかし、それでもなお残りえる仕事もあります。
そのキーワードは、ユーザー側の安心感や、機械で代替できない人と人との繋がりが重要なお仕事です。

ここでは、10年後、20年後でも残る可能性のある職業を3つ紹介します。

 

その1:医者、看護師

 

将来も残存する職業に医者看護師などの医療業界が挙げられます。
自身の病気に関して、医者を真似たロボットに診てもらいたいという方は、おそらくかなり少ないのではと思います。

病気になった時こそ、人間に診察されているという安心感はロボットでは与えられません。

ただ、その診察や治療あるいは手術方法は、10年後や20年後で変化があります。
例えば、レントゲンにより病気の判断AIに取って変わると考えられています。

レントゲンによる病気の診断は実はかなり難しく、レントゲンでの診察を長年経験している医者でさえ、早期の病気を発見することは難しいと言われています。

そこで、レントゲン診断用のAIを開発し、そのAIに健康体のレントゲン写真と発病しているレントゲン写真を何千、何万と読み込ませます。
すると、レントゲン写真から病気を早期に発見することが可能になり、最悪のケースを回避するシステムです。

最終的な判断ははやり医者が行うことになりますが、AIを利用することで、今後命が救われる人が増加することは間違いないでしょう。

また、手術の方法も次世代技術により進化し、地方医療の崩壊を避けることができます。

例えば、体内で癌が進んでしまい、その上、その切除には神がかった技が必要だとします。すると、その手術ができる医者は限られてしまいますが、当然そのような高度な手術ができる医者自身も忙しく、地方にいる患者の手術を受け入れるのは困難な状態が今起きえています。

しかし、5G(第五世代通信規格のこと)やロボティクス技術により、遠隔で手術用ロボットを操作することで、地方にいる患者の手術を施すことができます。この手術には、遠隔で操作するということもあり、高速な情報通信網と精緻なロボットの動作が必須なため、5Gとロボティクス技術の進展が必要になります。

このような観点から、今までの診断や治療についての変化はありますが、医療業界のお仕事はなくなる可能性が低い思われます。 

 

その2:保育士

 

将来も残存する職業その2は保育士です。
AIが発達したといえど、未だロボットに子供の行動を予想したり、または悪い事をした時に叱るなど、人間の行動を真似ることは難しいでしょう。親でさえ、子供の行動を予想をすることはなかなかできないのですから。

現在でも保育士の絶対数は足りておらず、人手不足が深刻化しています。
そういった状況を踏まえ、人手不足を解決するために保育補助用のロボットを開発している会社もあります。

例えば、「グローバルブリッヂホールディングス」傘下の企業と群馬大が共同開発した「VEVO」(ビーボ、身長約70センチ、AI音声認識技術搭載、AI画像認識搭載)が例として考えられます。

VEVOは、子供との自然な会話や、昼寝中の様子を見守るができます。子供が昼寝をしている時には、子供の衣類に装着したセンサを通して、寝返りや呼吸を感知します。寝返りや呼吸に異常があれば、警報を出して保育士に伝えることができり機能を持ち合わせています。

この保育所では、VEVOが導入される前までは、昼寝中の子供の様子を5分毎に記録していたそうですが、VEVOが導入されてからは、そのような記録を取ることはしなくなったということです。

また、親のお向い時には、日中の子供の様子をVEVOが親御さんに報告することもできるようです。
さらに、保育所への登降時間を記録しており、子供一人一人の在園時間の管理や、延長保育料の算出などを自動で行ってくれる賢い機能も装備されています。

このように、次世代技術を取り入れることで、保育という考え方が変わってくるかもしれません。
しかし、子供がいる限り、メインで子供たちの面倒を見るのはやはり人であることは今後10年、20年経ったとしても変わらないことでしょう。

 

その3:教師

 

将来的にも残存する職業その3は教師です。
教師の仕事をざっくり考えてみると、生徒に勉強を教えること生徒の悩みを聞き助言を与える事進路相談に乗ることいじめなどのトラブルを解決すること部活動のサポートをすることなど、多岐にわたります。
これだけ多種多様な事柄をこなすには、ロボットやAIで完全に代替することは不可能といえるでしょう。

また、近年では学校の授業自体が、生徒によって妨害される学級崩壊が起きています。
これもまた、ロボットなどの次世代技術をもっても、解決することは難しいことでしょう。

ただ、授業のやり方やその内容は今後変化することが考えれらます。

例えば、今後は小学校5年生から英語の授業が必須科目になります。既に起きているグローバル時代に活躍できる人材を輩出するには、世界共通語の英語を扱えるどうかがポイントになるからです。
この点に関しては、むしろ英語における変革が遅すぎると感じます。

語学を身に付けるには、相当の根気時間が必要です。今英語を容易く扱える人でも、それまでに相当な努力をして英語を身に付けているはずです。

そう考えると、小学校5年生よりも、低学年で英語の授業を教えた方が、グローバル時代を生きていけるのではないかと考えます。

また、授業に必ず必要になる教科書もなくなると言われています。
というのも、生徒一人一人にタブレットを持たせて、タブレットに電子教科書をインストールすることで、分厚い教科書をもたなくても済むようになります。

これらに加え、小学校の教育では今後プログラミング言語も学習対象になるそうです。
小学生でさえプログラミングをする時代が来ています。

しかし、この点でも海外と比較すると日本は遅れています。

イギリスでは、Key Stage1~4(5~16歳までの義務教育期間) の中で「Computing」という科目が必修化され、プログラミング言語に関する作業や、アルゴリズム(計算手順や方法のこと)の理解を高めるための授業が実施されています。
IT先進国であるエストニアにでは小学校1年生からプログラミングの授業を推進しており、しかもマイクロソフトがその支援をしています。
フィンランドでは、「インターネットに接続できる権利」という国民の権利があるほど、ITに力を入れており、プログラミング言語はすでに小学校からの教育が進んでおります。

これらの事実を踏まえると、やはり日本の教育は遅れていると言わざるをえません。

そのため、これから必要になる教師という人物像も変わってくるはずですし、1~2人程度で1つのクラスを管理する方法ではなく、複数(3人以上)の教師によって1つのクラスを分担して教育していくようになるかもしれません。

また、授業の進め方も、予め用意しておいた動画をタブレットで見ながら進めるようになりかもしれません。そうなれば、教え方が上手い先生の授業を学校単位、あるいは地域単位で共有できます。

しかし、どんなに技術が進んだとしても、人が世界に生存している限り教師の仕事は無くならないでしょう。

 

まとめ


これまでにご紹介した通り、AIによるレントゲン診断や、RPAとOCRによる事務作業の自動化などによりこれから日常生活を取り巻く環境は大きく変化しようとしています。

例えば、ブックオフでメンバーズカードを申し込みをすると時に、今までであれば、申し込み用紙に手書きで名前や住所を記入するところなのですが、今はタブレット端末に内臓されているカメラで免許証を撮影し、その画像をデータ処理して文字テキストに変換するOCR技術が利用されています。

申請書を作成するのために手書きで申し込むことはもう古いやり方、発想なのだなと感じました。
現在でもすでに考え方が古いのですから、10年後や20年後となれば、今より一層社会の枠組み、在り方が変わってくることは間違いありません。

それでも、なお自身の生活を維持していくには、確かに機械やテクノロジーで代替できない職業に関わっていくことも大事ですが、それ以上に日頃から社会の変化に目を光らせ、どんな新しい変化が身の回りで起きているか、敏感になることが大切だと考えます。

また、常にニュースやSNSをチャックすることで、新しい情報を取り入れ、自分自身をアップデートしていく事が大きな重要性を持つことでしょう。こういった行動の根本にあるのは勤勉さです。大人になったからもう勉強しなくて良いと考えておられる方も多いかもしれませんが、これからの時代はそのような姿勢では立ち行かないことになります。

むしろ大人だからこそ新しいことを学ぶ機会を作るということがなお重要視されていくと思われます。

面倒くさがらずに、新しい事、新しい物を受け入れていくことを心がけましょう。

参考にしたサイト
就活の未来「10年後になくなる仕事一覧と新たに生まれる可能性のある職業」
よろず堂通信「なくなる職業ランキング&残る職業ランキング/AIが仕事を変える?!」
BELCY「10年後消える職業ランキングTOP10|2020年のAIや人工知能は?」
IDEASITY「機械・人工知能・AIが奪う、なくなる職業・仕事のランキング」
SoftBank「Pepper」
ビジネス+IT「FinTech(フィンテック)を基礎から解説、押さえておくべき11分野とは」
Techfirm Blog「RPA・OCRで省人化できる金融機関の業務とは?」
経済産業省「キャッシュレスの状況及び意義」
日本経済新聞「テニスやサッカー…弾道とらえる「ハイテクの目」 伝統より正確さ」
PR TIMES「【バレー/Vリーグ】2019-20シーズンより、新チャレンジシステム「ホークアイ」の採用が決定!」
東洋経済「「10年後に稼げない人」と稼げる人の決定的な差」
「やりたい仕事ができる!」保育士の転職先の見つけ方「『保育士』は将来ロボットに取って代わられる!?」
産経新聞「保育士を助けるロボット 子供と向き合う時間増やす」
Smile Study!「2020年…学校の授業が激変?政府がすすめるタブレット教材とは」
文部科学省「小学校プログラミング教育の手引」
エコエテ「日本は遅れてる?海外のプログラミング教育の現状!」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です